頭痛 血圧

頭痛の原因はいろいろあり、根本的原因を解明し、適切な処置を行うことが大切です。血圧が頭痛に影響していることもあり、低血圧の場合には、血管が緩みやすいことから頭痛が起こるケースも多く、低血圧の薬を飲んで頭痛が改善されることもあるようです。

また、急激な高血圧や、数値が異常に高い高血圧状態では、頭痛を引き起こすこともあるようです。また、血圧降下を期待するカルシウム拮抗薬などは、血管を広げる作用がある為、頭痛の原因となる場合があります。高血圧の人は注意が必要です。

急に激しい痛みを感じる場合には、くも膜下出血など緊急の処置が必要な命に関わる場合もありますので、気をつけましょう。高血圧のせいなど自己判断せず、嘔吐を伴う激しい頭痛は速やかに受診することをおすすめします。

血圧が高いことは直接頭痛の原因とはなりませんが、血圧が急に上昇することによって、血管拡張が起こり、頭痛を感じるようです。朝の寝起きなどに起こることが多いようです。頭痛は、血圧以外にも、ストレスや疲労、睡眠不足、肩こりや眼の疲れなど、様々な要因が考えられます。自分の頭痛が何によるものかを確認し、根本から改善する姿勢が大切です。くれぐれも、鎮静剤に頼り、放置しないようにしましょう。


コンテンツ