痛みの引き金にアルコール

近年は肘の痛みを訴える患者が急増していると言います。なぜかと言えば最近のパソコンの普及が最も大きな原因と思われます。実際パソコン画面の前に座って、マウスを操ったりキーボードをたたいたりする事は、それほど力がいる作業ではありません。

しかし肘を机の上に乗せたままで、手首を上に反らせたままの姿勢で手や指の細かい動きを連続で行う事は、実は肘に相当な負担をかけている結果となります。

手首の痛みに関して詳しく解説しているサイトを見ると、原因は動作と関係していることがわかります。
※参考:手首の痛み瞬間消失
http://www.as-kenshouen.com/

手首が反り返ったままでキーボード作業を連続で行うと、肘の下側の靭帯は手首が反り返っている事によって、突っ張った状態のままになります。

それとは逆に肘の上側の靭帯や筋肉は、常に縮んだ状態となるのです。この状態のままで作業を続行すると、肘の筋肉や靭帯にかかる負荷は相当なものになります。いつの間にか肘がピリピリする痛いやジンジンする痛みを伴う事になるのです。

これをキーボード腱鞘炎、もしくはマウス腱鞘炎と呼ばれています。特に入力などの仕事をしている人達は、こういったマウス腱鞘炎を多く発症しています。仕事が忙しいと、つい休憩をとる事を怠ってしまいがちですが、出来るだけ休憩をとるようにしましょう。肘だけでなく肩・腰・目なども休める事が必要です。


コンテンツ