痛みの引き金にアルコール

春先に肩が凝って腕の上げ下げに違和感があり四十肩かなと友人に相談すると、今では40肩と言わずに五十肩ということをしりました。彼女もまた、肩に違和感があり、整骨院に通院している最中でした。

彼女から、よく寝違えていた話は聞いていましたが、五十肩だったとはしりませんでした。私も2人の子供と同じお布団に寝るようになってから、やたらと寝違えることが多かった時期がありました。

とにかく2人の寝像が悪くて、眠ったまま子供達の寝像にあわせて動いていたので、筋肉がついていかなったようです。その頃は寝違えていない時も、何気に首を動かすとカチンと首筋から肩を痛めることが多かったです。もしかしたら、四十肩の前兆だったかもしれませんね。

50肩はきちんと治療すれば治る病気です。50肩は年齢に伴い肩の関節周りの筋肉や腱が疲労、磨耗、石灰質がたまって炎症がおこり、痛みが走る症状の総称です。ほっておくと、肩が動かなくなってしまうようです。痛みがある時は、患部を冷やして(人によっては温熱治療を行う場合があるみたいです。)炎症を抑え、痛みをとります。

痛みがとれるまでは肩は動かさないとよいでしょう。病院では痛み止めとしてステロイドを使用することもあるようです。痛みがとれたら、アイロン体操でリハビリなどをして肩を動かしていきます。治療期間は人によって違いますが、3ヶ月くらいで完治するようです。


コンテンツ