二日酔いの頭痛

お酒は楽しく飲みたいですが、楽しいあまりつい飲みすぎてしまうことがあると思います。

前夜にはしゃいだ分のツケが回ってくるような辛い二日酔いは、吐き気や頭痛など様々な不快な症状で悩まされます。

お酒を飲むとアルコールは肝臓で分解されますが、分解するためには大量の水分が必要となります。


参照:耳鳴りにアルコールは良い?悪い?

水分が足りず分解されなかった場合、血中に毒性のあるアセトアルデヒドという物質が残ってしまい頭痛や二日酔いの原因となります。

利尿作用が働くので、お酒を飲むとトイレの回数が増えますから、アルコール分解にはそれ以上の水分が必要ということです。

水分の補給が十分でないと脱水症状を起こす危険もありますので気をつけて下さい。

頭が痛いからといって頭痛薬を服用してしまうと、お酒で荒れた胃に負担がかかってしまうので避けたほうがよいでしょう。

二日酔いにならないためには、スポーツドリンクなどで水分補給と塩分補給を充分に心がけ、肝臓の機能を高めるためにはでんぷん質の多い食事をつまみにするとよいそうです。

最近は、ウコンやサプリメントをお酒を飲む前に服用するタイプで胃をケアし、二日酔いを軽減する製品もたくさんあります。

二日酔いになったらひたすら水分をとり、アルコール分解を待つしかありませんので深酒をしないことが大切ですね。


コンテンツ